ブログ

腰痛と足の疲れの関係

2,980円で全身揉みほぐし体もスッキリ!
名古屋市名古屋駅、国際センター駅の揉みほぐしマッサージ店ゆらりです。

 

長年の運動不足や体の柔軟性の欠如など、腰痛の原因はたくさんあります

 

その中でも今回ご説明するのは、足の疲れからくる腰痛についてです。

 

腰と足の関係性は深く、足の疲れや筋肉の硬直が悪化すると腰痛もひどくなることがあります。

 

定期的に足のマッサージを受けて筋肉の硬化を予防しておくことで、腰痛予防や解消に効果的です。

 

『足の疲れが骨盤の動きを悪くする』

 

それではどうして足の疲れや筋肉の硬直が、腰痛の症状を引き起こしたり状態を悪化させてしまうのでしょうか。

 

まず、腰痛は腰の筋肉の硬直によって起こります。腰の筋肉の硬直を予防するには、腰の筋肉と直接つながっている骨盤の可動域が広いことが重要です。

 

骨盤は腰の筋肉と繋がっているのと同時に、反対側では足の筋肉ともつながっています。

 

足の疲れや筋肉の硬直は骨盤の動きをロックする原因となり、同時に反対側でつながっている腰の筋肉の動きも悪くしてしまうのです。

 

動きの悪くなった筋肉は硬化しやすく、腰痛になってしまう可能性が高くなります

 

このような理由から、足の疲れを定期的にリフレッシュし、マッサージで筋肉を揉み解しておくことで、腰痛予防や解消になるのです。

 

『まとめ』

 

腰痛が悪化してしまうと、立ち上がったり歩くことすら困難になることがあります。

 

腰痛がひどくなりそうな予感がしたら、早めに対処したほうが良いでしょう

 

日ごろから適度に運動やストレッチをすることが理想的ですが、仕事が忙しい人はなかなか難しいかもしれません。

 

揉みほぐしマッサージ店ゆらりでは腰痛に効果的なマッサージを受けたい人の相談をいつでもお待ちしています。