ブログ

多くの人が悩まされる腰痛、その原因とは

2,980円で全身揉みほぐし体もスッキリ!
名古屋市名古屋駅、国際センター駅の揉みほぐしマッサージ店ゆらりです。

 

国民病ともいわれる腰痛は、日本で約3000万人の方が発症していると推計されています。

 

腰痛は、大きく非特異的腰痛特異的腰痛に分けられ、腰痛を発症している人の約85%が非特異的腰痛で、約15%が特異的腰痛です。

 

非特異的腰痛は原因を突き止めるのは難しいですが、軽度であればマッサージなどで症状が軽くなることもあります

 

では、非特異的腰痛と特異的腰痛それぞれ考えられる原因について見ていきましょう。

 

『非特異的腰痛、特異的腰痛それぞれの原因』

 

非特異的腰痛は腰痛症と呼ばれ、X線検査でも原因をはっきりと特定するのが難しいものです。

 

しかし考えられる原因としては、中腰や猫背などの姿勢を長時間続けることによる筋肉の緊張や、運動不足や加齢のために腰を支える筋肉が衰えていることなどがあります。

 

通常はストレッチやマッサージなどのケアで症状は軽くなります。

 

一方、特異的腰痛は原因を特定できるものです。特異的腰痛の原因の一つに椎間板ヘルニアがあります

 

椎間板ヘルニアでは背骨の間にある椎間板に亀裂ができ、中の髄核が押し出され神経を圧迫することで腰痛が生じます

 

骨粗しょう症が腰痛の原因になることもあり、それは自分の体重を骨が支えきれずに圧迫骨折をし、脊髄神経が圧迫され腰に痛みが感じるからです。

 

椎間板や椎間関節が老化し、脊柱管が狭くなることによって脊髄神経根を圧迫する腰部脊柱管狭窄症を発症している場合には、下肢の痛みと共に腰痛を発症することもあります。

 

『まとめ』

 

特異的腰痛の原因を特定するのは難しいですが、中腰や猫背など腰の筋肉に負担がかかる姿勢の継続や、運動不足や加齢による筋力の衰えで発症することがあります。

 

非特異的腰痛では椎間板ヘルニア、骨粗しょう症による骨折、腰部脊柱管狭窄症など、主に神経が圧迫されることで腰に痛みが生じます

 

状態によってマッサージにより症状が軽くなることもあるので、腰痛に関してお悩みの方は揉みほぐしマッサージ店ゆらりまでご相談ください。