ブログ

腰痛のつぼ3選!ひどくなる前に押しておこう

2,980円で全身揉みほぐし体もスッキリ!
名古屋市名古屋駅、国際センター駅の揉みほぐしマッサージ店ゆらりです。

 

寒い季節はぎっくり腰を始めとする腰痛の患者さんが増えます。

 

いつの間にか腰が冷えて筋肉が固まっているのかもしれませんし、疲労がたまっているのかもしれません。

 

もしぎっくり腰に襲われたら、温めるのではなく冷やして安静にしてくださいね

 

今回は普通に腰の痛みを感じる人に、つぼマッサージの方法をご紹介したいと思います。よかったら試してみてください。

 

『腰痛以外の効果も期待できる!』

 

腰痛に有効なつぼには、腎兪(じんゆ)志室(ししつ)大腸兪(だいちょうゆ)があります。

 

腎兪はウエストの一番くびれているライン、なおかつ背骨から指2本分外側に位置しているつぼです。

 

胸を開いて手をウエストに当てると親指が腎兪に来ると思います。

 

腎兪は普通の腰痛だけでなくぎっくり腰にも効果的ですが、押すのではなく温めるようにしましょう。

 

それから志室は、腎兪から指2本分側にあります。腎兪を押し終わったら、そのままの流れで志室を押すといいでしょう。

 

そして、大腸兪の位置は骨盤の上のラインにある背骨から指2本分外側です。

 

つぼマッサージは、5秒くらいかけてゆっくり押してゆっくり離す、という動きがポイントです。

 

『まとめ』

 

同じ姿勢で過ごす時間が長い人は、時折腰に手を当てて反ったり伸びたりしてストレッチしましょう。

 

反る際につぼに指を当てると、上手い具合に刺激が入るかもしれません。

 

でもあまり強く押すのは控えてくださいね。それでも腰痛は悪化しやすい症状と言えます。

 

腰痛で生活の質が落ちないように、痛くなったら揉みほぐしマッサージ店ゆらりにお越しください。