ブログ

寝ても疲れが取れない人は自律神経の働きが鈍っている!

2,980円で全身揉みほぐし体もスッキリ!
名古屋市名古屋駅、国際センター駅の揉みほぐしマッサージ店ゆらりです。

 

長い時間寝ても疲れが取れない人や肩がこったり腰が痛くなったりしている人は、身体の疲れが上手く取れないことが原因となっていることが多いです。どうしてそうしたことが起こるのでしょうか?

 

このような悩みを持つ人の多くがストレスを溜め込んでいることが考えられますが、この記事では疲れが回復しない原因と、それに対してマッサージがどのような効果をもたらすのかを説明しています。

 

『健康生活へのカギは自律神経のバランス』

 

寝ても疲れが取れない人が抱える原因として考えられるのが、ストレスによる自律神経の乱れです

 

精神的にも肉体的にもストレスが多い状態が続くと神経が高ぶって交感神経の働きばかりが活発になって、副交感神経の働きが悪くなってしまいます

 

しかしストレスによる疲れを回復するためには、副交感神経の働きが重要になってくるのです。

 

しっかり睡眠時間を取っても疲れが抜けないということは、交感神経と副交感神経の切りかわりが上手くいっていないのかもしれません

 

眠りが浅かったり夜中によく起きたりすることも、自律神経が切りかわっていない証拠です。

 

自律神経は人間の健康状態に深く関係してくるため、健康を維持していくには正反対の働きを持つ2つの神経のバランスを取ることが大切になってきます。

 

そのためにはリラックスが重要ですから、適度な運動をしたり全身の筋肉をほぐすマッサージをしてもらったりすることがお勧めです。

 

『まとめ』

 

ストレスによって自律神経の働きが悪くなると、リラックスが上手くいかないので副交感神経が働かなくなってしまいます

 

寝ても疲れが取れない人にとっては、自律神経のバランスを整える生活が重要になるのです。

 

揉みほぐしマッサージ店ゆらり」では身体の各部位にマッサージによる刺激を与えることで、神経機能の調節をしていきます。

 

睡眠が浅いと感じている人は、気軽に来院してみてくださいね。