ブログ

寝ても疲れが取れない人の原因は何?

2,980円で全身揉みほぐし体もスッキリ!
名古屋市名古屋駅、国際センター駅の揉みほぐしマッサージ店ゆらりです。

 

今日はたくさん体を動かしたからきっとよく寝られるはず、そう思ってベッドに入ったはずが翌朝も体はぐったりしたまま。

 

そんな経験をお持ちの方も多いと思います。1日だけではなく、長きにわたって寝ても疲れが取れない人の中には、自律神経に問題を抱える方が少なくありません

 

自律神経を整えるためには、入浴やマッサージを上手く利用して、リラックスできる時間を増やすことが大切です。

 

『自律神経の働きを整えましょう!』

 

寝ても疲れが取れない人の特徴の一つが自律神経の乱れです。

 

人間の体は、交感神経が働くストレスモードと副交感神経が働くリラックスモードを繰り返すことで、疲れを回復し、元気な生活が送れるようにできています

 

しかし、交感神経が働き過ぎて自律神経のバランスが崩れてしまうと、寝てもすぐに目が覚めたり、疲れが取れなくなってしまうのです。

 

そんなときには、副交感神経の働きを促すために積極的にリラックスできる時間を取るようにしましょう

 

ぬるめのお風呂に長く浸かったり、寝る前に好きな香りのアロマをたくのも効果的です。

 

リラックスして緊張した筋肉を緩められれば、眠りの質がグッと良くなります

 

もっと効率的に癒されたいという方には、マッサージもおすすめです。仕事帰りにマッサージで体をほぐすと、副交感神経が働く時間を長く取れるので、スムーズに質の高い眠りに入ることができます

 

『まとめ』

 

寝ても疲れが取れない人が良い眠りのために、もっとも効果を期待できるのはマッサージです

 

マッサージが気持ち良いと眠くなることからも分かるように、副交感神経の働きをダイレクトに感じられます。

 

疲れが溜まってるなと思ったときには、ぜひ揉みほぐしマッサージ店ゆらりをご活用ください。

 

心身ともに癒されるような心地よい空間でお客様のご利用をお待ちしております。